Visual director / Set designer / Prop stylist

Keiko Hudson

 

ケイコ・ハドソン


Keiko Hudson is a set-designer and prop-stylist based in Tokyo.

Her work mainly covers fashion, cosmetics and food, and does so in a way that exhibits elegant but cynical humor. Keiko usually selects props from common items that everyone is familiar with, but then displays them in a way that combines a sense of the unusual and the surreal. To date, she has worked on advertisements, magazines, and Instagram visuals for brands and companies.

- Brand Clients : Uniqlo, Nissan, McDonald’s, Shiseido, Shu Uemura, Shigeta Japan, CITIZEN Watch, ISSEY MIYAKE, PARCO, Benetton, Sisley, P&G, Amazon, Mitsukoshi, Hasselblad

- Magazine Clients : Numero Tokyo, Ginza, Vogue Japan, i-D Japan, PERK magazine, SPUR magazine

- Agent Clients: AKQA, TBWA Hakuhodo, Wieden+Kennedy Tokyo, Dentsu, Hakuhodo, TYO

etc.

 

ファッション、コスメティックス、フードに特化したスティルライフヴィジュアル制作のディレクション、セットデザイン、プロップスタイリングを行う。広告や雑誌、ブランドカタログのほか、企業やブランドのソーシャルメディア向けヴィジュアルのディレクション及びスタイリングを手がける。

日常生活にありふれたプロップス(小道具)を用いり、モノとモノの組み合わせ方やその配置のバランス構成に独自の感覚で変化を持たせることで、非日常的な世界観を作り上げている。シニカルなユーモアと洗練されたフェミニンさ、日本人らしい美意識が反映されたその個性的な作品の数々は、海外のクリエイターやブランドからも高く評価され、国内のみならずグローバルな活動へと繋がっている。